お腹のガス抜きと口臭の関係について

お腹にガスがたまると、どんな不都合があるのか

 

便秘や肝機能障害、胃腸の機能不全などに陥ると、未消化の食べかすや老廃物がが残留しやすくなり、やがて腐敗していきます。

 

すると、それらをエサにする悪玉細菌が活性化して、腐敗した内容物を分解して、おならの元になるガスを大量に発生して、腸内にガスがたまり、詰まっていきます。

 

おなかが張った感覚になることを、腹部膨満感と呼びます。

 

このガスがおなか、正確には腸内に溜まり続けると、どうなるのでしょう?

 

まず、ガスがたまった状態が続くと、膨張力によって、慢性的な腹痛に悩まされることがあります。

 

この膨張が胆のうやすい臓に当たると、激痛になるそうです。

 

ガスがたまり続けると、さらなる悪影響が出てきます。

 

それは腸内環境が、悪玉細菌が増殖しやすいものに変わっていくのです。

 

その結果、細菌が排出すガスの種類が変わってきます。

 

ほとんど無害だったオナラのガスから、発がん性のガスに変わっていくのです。

 

悪玉菌の中にウエルシュ菌と呼ばれる細菌がいます。

 

善玉菌の代表格であるビフィズス菌に対して、悪玉菌の代表格と呼ばれるような存在で、オナラの臭いの主犯です。

 

しかし、ウエルシュ菌はニトロソアミンやフェノールといった複数の発がん性物質や、発がんを促進させるインドキシンやスカトールなどの有害物質を生み出しています。

 

結果、大腸がんのような悪性腫瘍の発病リスクが高まるのです。

 

ウエルシュ菌のような悪玉菌が少なければ、例え、発がん性物質やその他の有害物質が排出されても、体がリカバリーできます。

 

しかし、悪玉菌が増え過ぎると、体の回復が追い付かず、がんが発生してしまうのです。

 

ガスがたまると、じわじわと他の影響も出始めます。

 

たまったガスは、実は一部は腸壁を通じて血中に取り込まれます。

 

当然、内臓の一部である肝臓や腎臓の機能が衰えていますから、完全に無害化できません。

 

すると血中に溶け込んだガスは、肺を通じて口呼吸で外に運ばれることがあります。

 

これによって、口臭がおならの臭い、あるいはそれ以上のキツさになってしまうのです。

 

さらには、衰えた肝臓や腎臓によって、老廃物が体の皮膚組織にも回って、肌荒れや吹き出物などの皮膚のトラブルも引き起こします。

 

このように、おなかにガスがたまることは、やがて自らの生命を危険にさらしてしまう、恐ろしい結果の前触れと言えるでしょう。

 

よく、おならが恥ずかしいからと我慢する人がいますが、あれもおなかにガスをためる危険があります。

 

ガスがたまっている、たまり始めていると感じたら、何より、排出することを真っ先に考えましょう。

 

お腹のガス抜きはどうしたらいいの?

お腹のガスはどうやって抜くのか?
お腹にガスはためない為にはどうしらいいのか?

 

おなかにガスがたまり続けると、最悪の場合、手術をしなければならなくなります。

 

なにを大げさな――、と笑うかもしれませんが、大げさではありません。

 

ガスがたまっているのに加えて、大腸炎や結腸症などという病気を併発したら、手術をしないと命が危ないこともあるのです。

 

しかし、それが以外の場合であれば、手術とまでいかなくても、いくつかの方法があります。

 

まずは浣腸です。

 

医療行為として浣腸は立派なガス抜きの1つで、駆風浣腸という正式名称があるほどです。

 

方法は、まず、シーツを敷いて体の右側を下にして寝る体勢をとります。

 

そして口呼吸をしながら、体の力を抜きます。

 

次に潤滑油を塗ったカテーテルを肛門から挿入して、ガスを抜くというやり方です。

 

しかし、浣腸もまた、医療機関で行われる医療行為ですし、少し恥ずかしさもあるでしょう。

 

もっと家庭の中で手軽にやる方法もあります。

 

それが、数パターンのマッサージです。

 

順番に紹介していきましょう。

 

まずは、ガスがたまっている本拠地である大腸部分を腹部からマッサージするやり方です。

 

初めに、仰向けになって膝を曲げましょう。

 

そして、大腸の曲がり角に沿って、ちょうど時計まわりの方向に押していくのですが、その際は腹式呼吸をしながら、息を吐くときに両手の指を重ねて、ジワジワっと優しく押さなくてはいけません。

 

早く結果を出そうと、強く押すのは厳禁ですし、既におなかが痛くなっていたり、妊娠している場合には使えません。

 

次の方法は、足を使ったマッサージです。

 

今度はうつぶせになって、膝を曲げます。

 

そして両足のかかとがお尻に付くくらい、足をバタつかせます。

 

この場合は、直接おなかは触りませんが、やはり場所を選びます。

 

 

最後は、外出先などで座ったままできるマッサージです。

 

おなかが張ってるな、と感じたら、応急処置的な意味合いで試してみましょう。

 

まずは、手近な椅子に腰かけて、姿勢を正しましょう。

 

そしておなかを引っ込ませて、お尻の穴をキュッと閉めましょう。

 

続けて、そのままの体勢で、それぞれ左右に体をゆっくり捻り、それぞれ5秒間静止しましょう。

 

一見簡単そうに思えますが、実際にやってみると、息が止まるのに加えて、腹筋の力も相当要求されるので、意外とつらいです。

 

これらのマッサージを組み合わせてガス抜きすると同時に、一方で、ガスがたまりにくい体を作り上げることも必要です。

 

そのためには食習慣を見直し、ストレス抑制に努めると共に、が椅子を自力で排出できるよう、お尻やおなかの筋肉をつけることが重要です。

※2017/07/24更新※